緊張するんです

今日は講師自身(こうしじしん)の発表会の日。

学生時代からお世話(せわ)になっている先生の
門下生(もんかせい)たちで毎年行っている、
HKの会で演奏してきました。

画像


朝から心臓(じんぞう)がどきどきしたり
お腹が痛くなったりからだに悪いこと

この上ないです

もういっそこんな緊張(きんちょう)することは
やめたいと思うのですが、ピアノは人前で弾いてなんぼ
という信念があるので、今まで続けてきました。

もし私が人前で弾くことをやめたら、きっと発表会の時
生徒さんにもっとがんばれ、がんばれと言うでしょう。

でもこの緊張を知っているから、かたくなっている
生徒さんに、いつも通りでいいんだよって、自分自身に
言い聞かせている言葉をかけてあげられます。

練習ではうまく弾けるのに、本番になると
委縮(いしゅく)してしまう気持ちもいたいほど
わかります。
そんなときは私があみ出した必殺本番前練習法
(ひっさつほんばんまえれんしゅうほう)を
伝授(でんじゅ)します。

また、ピアノはホールによってぜんぜん
感触(かんしょく)がちがいます。
軽いピアノ、重いピアノ、高い音がよく響く
(ひびく)ピアノ、響かないピアノ。
ホールに響かせることで初めてピアノの音は
完成します。
どんなに練習してきても、家と違うピアノには
いつもどぎまぎさせられます。


サー、いよいよ本番

弾いている間中、こんなはずじゃなかった、
アーここはうまくいったなどといろんな思いが
頭をかけめぐります。

初めて触れるけんばんやホールの響きと
格闘(かくとう)しながら、なんとか
弾き終えました。



もっとうまくひけたかな。。。と



やっぱり



反省
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック