試演会

今日はリベルテホールで試演会をしました。


4月に行われるピティナステップのための
試演会でしたが、それに参加する人はもちろん、
今回は参加しない人の演奏も、なかなかの
聴(き)きごたえでした。

一通り弾いた後、今度は一人ずつレッスンを
しながらもう一度弾きました。

みんなにはその間に講評用紙に、聴いた
感想(かんそう)を書いてもらいました。



画像



(演奏中は写真が撮れなかった
ので、終わってから書いているふりを
してもらっています。(^^;))こんな感じで
やっていました。



みんなに講評(こうひょう)を書いてもらうのは
初めてのことです。

講師(こうし)としてはレッスンの間ひまだろう
からぐらいに思って書いてもらったのですが、
家に帰ってみんなの講評を読んで
ぶっ飛びました


実に的確で、きちんと書かれていたのです。
枠(わく)からはみ出そうなくらいたくさん
書いてくれた人もいます。

しかもみんなほめジョーズなんです

画像



例えば
<自分も弾いたことがある曲だけど自分より
もっとうまかった。

<手をふわりとしてきれいでした。

<音が大きくなる所と小さくなる所が分かって
力強くひいている所がいいと思いました。

<プリンとプルンがおいっかけっこをしている
みたいで曲の題名の感じが出ていました。

<力強くはずむようにひいていて、聞いていて
きもちよかったです。

<ゆっくりな曲で眠くなるくらいキレイだった。

<右手の音がはなれている所をまちがえないで
ひいてすごいと思いました。

<間をしっかり休んで落ち着いていてすごいです。

などなど。

ピティナステップでも、ピティナの先生が講評を
書いてくださるのですが、少なくとも
みんなのほうが字がキレイ

先生たちは1日に100人近い生徒さんの講評を
短時間で書かなくてはいけないので、ものすごい
スピードで書かれます。
そのため、時々解読不可能(かいどくふかのう)
に近い字も。。。


みんなの丁寧でやさしい講評はきっと
書いてもらった人のはげみになると思います

ありがとう


そして、おつかれさま~

画像





終わってみんなホッ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック