スケール全調制覇 その3

ゴールデンウイークに入る直前(ちょくぜん)
でしたが、中2のAさんがスケール全長調達成
(ぜんちょうちょうたっせい)しました

おめでとうございます。
6人目ですね

Aさんは合格寸前(ごうかくすんぜん)まで
きていましたが、あと少しというところで
苦労(くろう)していました。

12長調の中でシャープやフラットがたくさん
ついている調は最初(さいしょ)はむずか
しそうに思えますが、練習(れんしゅう)を
たくさんしていくと、かえってそういう調の
ほうが、指(ゆび)がおぼえて弾きやすく
なります。

逆に、シャープ、フラットが1つしかついていない
ト長調とヘ長調のほうが迷(まよ)いが
出てしまうようです。

Aさんもそうでした。

ショパンは生徒(せいと)にシャープが5つついた
ロ長調からスケールを練習するように
すすめていたそうです。

指の長さから言うと、短い親指(おやゆび)で
白鍵(はっけん)を弾き、その他の長い指で
奥にある黒鍵(こっけん)を弾くほうが
弾きやすいからです。

みんなの様子を見ていて、本当にその通りだと
実感します。

でも逆に言えば、ト長調やヘ長調でつまづいて
いる人はあと一息ということです。

うまくいかない調をくりかえし練習をして、
Aさんのように必ず合格できると信じて
がんばってください


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック