コンサートに行ってきました

今日は小田原フィルハーモニー交響(こうきょう)
楽団(がくだん)の第113回定期演奏会(ていき
えんそうかい)に行ってきました

小田フィルは1958年に創立(そうりつ)
されてから50年以上も続いている
市民オーケストラです。


参加したのは5年生3人と2年生1人と
お母様お1人。
それから見送りに来たお父様も下の3才の
お子さんを連れて急きょご一緒(いっしょ)
してくださることになり、合わせて8人で
行ってきました。

「親子で楽しむオーケストラコンサート」
ということで、0歳児から聞けるため
いつものコンサートとは違って、会場は
小さな子供たちでワイワイとにぎやかでした。

それでも一曲目の「モンスターハンター」の
迫力(はくりょく)ある演奏が始まると、
みんな静か(しずか)に聴き入っていました。

2曲目は「アナと雪の女王」のメドレー。

そのあとはオーケストラに使われる楽器
(がっき)の紹介(しょうかい)がありました。

楽器ごとにちょっとした曲を演奏してくれたので
音色を聴きながら楽器を見ることができました

また、楽器だけでなく「カルメン」というオペラ
の曲で、ソプラノとバリトンの迫力ある歌声も
聴かせてくれました。

指揮者(しきしゃ)体験(たいけん)コーナーも
あり、入場時にあらかじめ申し込んであった
人の中から3人の子供たちが抽選(ちゅうせん)
でえらばれ、すぐにその場で「カルメン」の曲を
指揮しました。

うちの生徒さんたちはみんな恥ずかしがって
抽選をしませんでしたが、抽選に選ばれた
子供たちは堂々と舞台(ぶたい)に立って
オーケストラを指揮していました。

でも、どうやって演奏を終わらせたら
いいのかわからない子供たちの振る
指揮棒(しきぼう)が自信がなくなってゆっくり
になると、オーケストラもそれに合わせて
ゆっくりになってしまうところが
おもしろかったです

最後はドボルザークの「新世界より」第4楽章と、
アンコールに「ラデッキーワルツ」が演奏され、
曲にあわせて手拍子をして楽しくしめくくられ
ました。

小さな子供たちにも楽しんでもらえるように
と企画(きかく)されたコンサートだったので
とても聴きやすくて楽しいコンサートでした。

ただ、大人にとっては有名な曲ばかり
でしたが、子供たちにとっては知らない曲も
多かったようです。

楽しんでくれたかちょっと心配になって、
帰りの電車でどの曲が良かった?って
聞いたらちゃんとみんなお気に入りの
曲を言ってくれました。

皆、演奏を聴くマナーも
とても良くて感心でした。

そして本物の楽器を生で見て、聴くことができ
きっと今までとは音楽の聴き方が少し変わって
くるのではと思います。



「コンサートに行こう」企画は久しぶりで
皆さんをお誘いしたのはいいけれど
どうなるか予想が付きませんでした。


お母様方は、今回の企画にのるように
子供たちに言ってくださったようですが、
あまりよく知らない人たちと知らないところに
行くのはなかなかハードルが高かったようです。

コンサート会場は広くて人が多いため、
一人がトイレに行ったりするとはぐれそうに
なってしまうのですが、大人のつきそいの方
がいらしたおかげでだれも迷子(まいご)に
なることなく無事(ぶじ)に帰ってこられました。

子供たちが大勢(おおぜい)だったら私一人で
みんなを連れていくのは無理だったと思いますが、
またほかの生徒さんにも参加して
もらえるような企画ができたらなと思います
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック