練習表

みんながおうちでどのくらい練習したか
ということを練習表(れんしゅうひょう)につけて
もらっています。
そしてレッスン室(しつ)にはったツリーの
絵(え)に練習(れんしゅう)してきた日数分
(にっすうぶん)の星(ほし)のシールを
はってもらいました。

画像



クリスマスまでにすべての星がうまるかしらと
思っていたら皆(みんな)ほとんど毎日
(まいにち)練習をしてきてくれたおかげで
あっという間にいっぱいになりました。

てっぺんの星はAちゃんが見事ゲットしました

クリスマスまでまだ1か月以上あるので、
第2弾(だい2だん)もやりますね


さて、練習表ですが活用法(かつようほう)
は自由(じゆう)です。

練習した日にかわいいハンコを押したり、
曲ごとにやった回数を書いたり、
やった日はおまるをつけるというシンプルな
ものもあります。




画像





ピアノの練習を続けていくのはとても大変なこと




ピアノを弾くことが毎日の当たり前のことに
なってくれるように、
そのお手伝(てつだ)いになればと始めた
練習表です。
また、練習量を見てレッスンの進度(しんど)が
あっているかどうかのみきわめになります。


10年以上前になりますが、昔(むかし)うち
で習っていた高校生(こうこうせい)の生徒
(せいと)さんがイラストを書いてくれたうちの
オリジナルの用紙(ようし)です
(じまんじまん)


今までは一部の生徒さんに付けて来てもらって
いたのですが、ツリーに星をはることをきっかけに
練習表を付けていなかった生徒さんにも
付けて来てもらいました。
するとお家での練習の様子がよくわかる練習表や、
私の予想をこえる使い方をしてくれるものが
たくさんありました。

まずこちら。。。

画像




毎日練習することがのぞましいですが
できない時もあります。
それをつつみかくさず正直(しょうじき)に
<やってない>と書いてきたことに感心

やましい心がないんだなーと。。。

私は失敗(しっぱい)したりちゃんとできない
時にすぐ言い訳(いいわけ)をしてしまうので
これを見て反省(はんせい)させられ
ました


画像




こちらは燦然(さんぜん)と輝(かがや)く
40回の文字(もじ)が


この生徒さんは学校(がっこう)で伴奏
(ばんそう)を頼(たの)まれたのですが
小学1年生にしては大変難(むずか)しい
曲でした。

それを何度も何度もくりかえし練習し、
見事にひけるようになりました。


皆さんは40回弾けますか?



画像



こちらは練習の内容(ないよう)をこまかく
書きこんできてくれました。


時間(じかん)がかかってしまうので毎回ここまで
書けないと思いますが、何回弾いたかだけでなく
間違(まちが)えた回数(かいすう)も書いてくれた
ことでよく考えながら弾いているんだなと
わかりました。

画像



よく考えているといえばこちらは曲ごとの
目標を書いてきてくれています。
また、練習が十分にできない日も
1つだけでも集中(しゅうちゅう)してやっている
ところが良いと思いました。



画像


こちらも漠然(ばくぜん)とひくのではなく、
曲によって回数(かいすう)を考えながら
ひいている様子がわかります。


そして私が一番びっくりしたのは。。。



画像




×がたくさんついていますが、これは
練習をしなかったわけではないのです。
自分の演奏が良かったのか悪かったのかを
○や×で書いているのです。

私は子供のころ、レッスンがあるからとか、
先生に怒られたくないから練習しなきゃって
思って練習をしていました。

それなのに自分が納得(なっとく)できるのか
どうかを考えながら練習している生徒さんが
こんなにいることにおどろきました。




イヤー。まいりました










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック