(ひさしぶりに)100回達成しました!

少し話がさかのぼります。


画像



仮住まいで過ごした4ヶ月。


長かったような、短かったような。。。


暑い夏をすごし、


日が暮(く)れるのがすっかり早くなりました。


もうここともお別(わか)れだな。



なーんて感傷(かんしょう)にひたっている
暇(ひま)もなく
  

お引越(ひっこ)し


かたづけ


発表会(はっぴょうかい)のアンサンブルの練習



そんなあわただしくレッスンをしていた中、

久々(ひさびさ)にレッスン100回達成(たっせい)した
生徒さんがいました。

あたふたしていた自分(じぶん)が、ふと我(われ)に
帰りました。

みんな着実(ちゃくじつ)にレッスンを重(かさ)ねて
いるんだなって。。。


画像




Rちゃん、

レッスン100回達成おめでとうございます


Rちゃんはきゃしゃな体からは想像(そうぞう)が
つかないほど、中身(なかみ)はすごいがんばり屋
さんです。

練習(れんしゅう)は、言われた以上(いじょう)
のことをやろうとします。

ピティナステップやコンクールなど、自分が
知らないことにもどんどん挑戦(ちょうせん)
します。

そんなRちゃんが、学校の伴奏(ばんそう)の
オーディションがあると言って、楽譜(がくふ)を
持ってきました。

見ると小学生にはとても難(むづか)しい曲です。
1オクターブで弾くところがたくさんあり、
和音(わおん)がぎっしり。
ペダルも使わなくてはいけません。

私は、これはいくらがんばり屋のRちゃんでも
無理(むり)じゃないかなと思いました。
がんばってもオーディションにうかる保証
(ほしょう)もありません。

でも、Rちゃんの決心(けっしん)はかたく、
練習することになりました。

レッスンでは、初めての部分の音符を読んだり、
わからないことを教えてあげたりしましたが、
あとは自分でお家で弾かなくては、上手(じょうず)
になりません。

最初(さいしょ)のころは、前奏(ぜんそう)すら
うまく弾けず、大変そうでしたが、次の週には、
必ず復習(ふくしゅう)をして、弾けるようになって
いました。

そして、1カ月後には足が十分に届(とど)かない
ペダルまで使って、最後まで弾けるように
なりました。

そして、見事、オーデションに合格(ごうかく)

ほかにもがんばっていたお友達がいたので、
合格したのは運(うん)もあったかも
しれませんが、私に無理じゃないかと
言われても、あきらめずにがんばったRちゃんの
努力(どりょく)は並大抵(なみたいてい)のもの
ではありませんでした。



すごいね


おめでとう🎊












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック