100回記念

久々(ひさびさ)にレッスン100回記念
(きねん)を迎(むか)えた生徒(せいと)さん
のご紹介(しょうかい)です。
画像



中学1年のTさん。

まだ100回だったんだー
というのが最初(さいしょ)の感想(かんそう)
です。

100回というと、2年半ほどレッスンに
通(かよ)ったことになりますが、もっとずっと
長く通っていたように思います。


9月の発表会でも、表現(ひょうげん)の
難(むずか)しいスケルツォを堂々(どうどう)
と弾(ひ)いていました。

Tさんが最初(さいしょ)にレッスンに
来たときのことを、よく覚(おぼ)えて
います。

引っ越(ひっこし)してまだ間もないという
ことで、和田河原駅(わだがはらえき)で
待(ま)ちあわせをして、うちに体験(たいけん)
レッスンにこられました。

その時はあまりしゃべらず、おとなしい
お子さんという印象(いんしょう)でした。

お母様(かあさま)によると、Tさんはずっと、
ピアノを習(なら)いたかったそうです。
でも、お父様(とうさま)のお仕事(しごと)で
転勤(てんきん)が多かったため、なかなか
始(はじ)められなかったとのことでした。

レッスンを始めてから、実は
チアーリーディングをやっていて、とても
活発(かっぱつ)でおしゃべりな女の子だと
わかるのに、そんなに時間はかかりません
でした

レッスンのスタートが遅(おそ)かったにも
かかわらずどんどん上達(じょうたつ)したのは、
やりたくてもやれなかったピアノに対する
憧(あこが)れが大きかったからかも
しれません。

また、お家でお母様から少しピアノを
教(おし)えてもらって練習していたせいか、
最初から音感(おんかん)は良かったです。


さらに、Tさんは、いつも弾く前にまず考えて
から弾きます。

どんな風に弾こうかとか、気をつけるところは
どこかなど、音を出す前に楽譜(がくふ)を
見ながら、考えています。

そういう生徒さんは初めてだったので、
とても驚(おどろ)きでした

お家での練習でも、きっとやみくもに弾く
のではなく、考えながら効率(こうりつ)
よく練習をしているのだと思います。

考えて練習すること、そしてピアノが大好きな
こと、この2つが速く上達する秘訣(ひけつ)
だということを改(あらた)めて
教(おし)えてくれました。






100回記念、おめでとう

これからもTちゃんらしい豊かな発想で
音楽的に演奏し、驚(おそろ)かせて
くれることを楽しみにしています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック