発表会のアンケート

発表会(はっぴょうかい)を終(お)えて、
皆(みな)さん感想(かんそう)を
書(か)いてきてくれました。

ソロの演奏(えんそう)については。。。

ちょっと間違(まちが)えちゃった
けど、よくできたと思う。

緊張(きんちょう)したけど、
上手(じょうず)に弾(ひ)けて
良(よ)かったです。

たくさん失敗(しっぱい)したから、
もう一度(いちど)弾きたいです。

アンサンブルについては。。。

間違えずにできた。

とてもたのしかった。

チューチュートレインは
移動(いどう)があり、
練習(れんしゅう)ではぎりぎりでしたが、
本番(ほんばん)は余裕(よゆう)を
もって弾くことができました。

みんなでまとまって成功(せいこう)
させられたのでよかったです。

という感想でした。

また、おじいちゃん、おばあちゃん
ほか、ご家族(かぞく)の方が
一生懸命(いっしょうけんめい)
頑張(がんば)ったことをほめて
くださったことばも書かれていました。

去年(きょねん)よりうまくなったね。

間違えてもとまらずに弾けてよかったね。

ピアノに行(い)く歩(ある)くところが
落(お)ちついていたよ、一番(いちばん)



発表会は、自分(じぶん)の練習
(れんしゅう)の成果(せいか)を
披露(ひろう)する場(ば)ですが、
人の演奏を聴(き)くことも
たいせつな勉強(べんきょう)です。

お友達(ともだち)の演奏について、
色々(いろいろ)なことを
感じている様子(ようす)が
書かれていました。



自分より年下(としした)の
人たちが一生懸命弾いているのを見て、
もっとがんばらないといけない
と思いました。


小学校(しょうがっこう)
高学年(こうがくねん)のお兄(にい)さん、
お姉(ねえ)さんの演奏が素晴(すばら)し
かった。あんなふうに弾いてみたいです。

大人(おとな)の人の演奏が
すごかった。あんな長(なが)い曲(きょく)
なのに、表現力(ひょうげんりょく)が
すごかった。




お母(かあ)様たちは、
本番(ほんばん)を迎(むか)えるまで、
ご心配(しんぱい)されていた
様子(ようす)が書かれていました。




本番までは嫌々(いやいや)でしたが、
なんとか上手(じょうず)にできて
うれしそうでした。

中学(ちゅうがく)のテスト前だった
こともあり心配でしたが、曲(きょく)の
完成(かんせい)がまにあって
良(よ)かったです。

中(なか)だるみの時期(じき)も
ありましたが、ほとんど毎日(まいにち)
練習できました。


また、アンサンブルについての
感想が多かったです。


アンサンブルのパフォーマンスは
見ていて楽しかったです。

小さい子たちの歌(うた)も
かわいらしく、娘(むすめ)の小さい
ころを思いだしました。

アンサンブルは、ただかわいいという
だけでなく、自分の担当(たんとう)に
責任(せきにん)を持とうとして
いるようにみんなが見えました。
アンサンブルは発表会の
醍醐味(だいごみ)だと今年も
感じました。


また、発表会を通して、お子さんの
成長(せいちょう)を感じたお母様も
多(おお)かったです。



娘(むすめ)が初(はじ)めて
ソロで弾(ひ)いた曲(きょく)を
ちいさな生徒(せいと)さんが弾いて
いるのを聞(き)いて、
娘が今はずいぶん難(むずか)しい曲に
挑戦(ちょうせん)しているんだと
成長(せいちょう)を感(かん)じ
ました。

リハでは完璧(かんぺき)、本番(ほんばん)
ではちょっとミスという、色々な
感情(かんじょう)は大切(たいせつ)な
経験(けいけん)になりました。

本番を見ると感じますが、
発表会での成功(せいこう)や
失敗(しっぱい)の体験(たいけん)は
これから伸(の)びていくのに大きな力に
なるのだと思います。



皆様このほかにもたくさんの感想を
ありがとうございました。

また、来年の糧(かて)にして
いきたいと思います





さて、今回(こんかい)の発表会で
よかった曲、弾いてみたい曲にたくさん
挙(あ)がったのは。。。





夏目亜依さんの「アレグロ」




竹上宗太郎さんの「骸骨たちの陽気な行進」




中田朱音さん「乙女の祈り」



の3曲でした


「アレグロ」は、バロック時代(じだい)の曲で、
派手(はで)さはありませんが、
心のこもった演奏が素敵(すてき)
でしたね

また、これを選(えら)んだ人は
よく演奏を聴(き)けていたと
思います


「骸骨の~」は題名(だいめい)が
怖(こわ)そうなのに、実際(じっさい)は
軽快(けいかい)で楽しい曲だったという
ギャップが良かったという
感想がありました。



「乙女~」は、難(むずか)しい
アルペジオをよく練習してきれいに
弾けていました。
おうちの方が昔聞いたことがあって、
懐(なつ)かしかったという
感想がありました。


また、2曲に分かれてしまいましたが、
田仲里衣さんの演奏

も2曲を合わせると同票(どうひょう)
でした。

これ以外にも、僅差(きんさ)で
たくさんの曲に支持(しじ)が
ありました。



今回の発表会は、いつも弾いている曲より
長くて難(むずか)しい曲をよく練習し、
お客様(きゃく)の前でしっかり
演奏できたことはとても
素晴(すば)らしいことです。


ただ、中学生は直前(ちょくぜん)に
テストがあったり、
夏休みに長期旅行(ちょうきりょこう)
に出掛(でか)けられたりして、
本番までに仕上(しあ)がらなかった
生徒さんが多かったです。

これは、曲をわたす時期(じき)が
遅(おそ)かったせいです。

仕上げの時期をもう少し早く
することが、来年の課題(かだい)
です。

また、あるていど弾けるようになった
曲を、人前でも止まらずに弾くためには
さらに弾きこまなくてはいけません。

弾けるようになったと思う曲を、
さらにどこまで弾きこめるか、
そのことを課題に、もう少し、
発表会の曲を弾き続けることにします。



同じ曲を弾き続けていると
進歩(しんぽ)がないみたいですが、
同じ曲をもっと進化(しんか)
させられるか


期限(きげん)はクリスマスまで




もうあきたー

ッテ言わないでくださいね。





そして、来年の敬老(けいろう)の日


発表会が決まりましたー



もう来年にむけての準備(じゅんび)は
始(はじ)まっていますよ



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント